トルコのお守り『ナザール・ボンジュウ』とは?

 

メディアでトルコが特集された際に写っていたり、
iPhoneの絵文字になっていたり、一度はどこかで見たことのあるこの青い目玉、、
一体なんなのか・・?

 

その正体は、トルコの国民的な魔除けのお守りである、
ナザール・ボンジュウ(Nazar boncuğu』です!

 

嫉妬や妬みの邪視を跳ね返し、災いから身を守ってくれると言われています。

  

ナザール(Nazar)は邪悪な目という意味で、ボンジュウ(boncuğu)はガラス玉を意味します。
トルコではとてもポピュラーで、お家の壁や玄関に飾ったり、車のミラーに付けたり、
アクセサリーとして身につけるなど、至る所で見かけます!
(持っていない人はいないと言っても過言ではありません・・笑)

 

ナザール・ボンジュウは一説では古代エジプトの神ホルスの眼をモチーフにしたと言われていて、
強い邪念や強力な邪視を受けると割れると言われています。
割れることによってナザール・ボンジュウが身代わりになってくれ、自分の身には災難が降りかからなくなるというわけなのです!

 

トルコや中近東の国では、嫉妬深い人から出る悪霊や、妬みの眼差し(邪視)が災いの元凶だと言われているため、
他人から発せられる妬みや嫉妬といった感情、嫉妬の眼差しといったものを跳ね返すことが
自分の身に災いをもたらさない最良の方法だと信じられてきました。

 

確かに、誰しも他人からの妬みや嫉妬のせいで、嫌な思いをしたことがありますよね。
そういった邪視・邪念から私たちを守ってくれると言われているのが
この小さな目玉、ナザール・ボンジュウです!
お家に飾ったり、アクセサリーとして身につけて、悪いものを跳ね除けましょう!
もし割れた時には、私たちを災いから守ってくれたということになります。

 

 

当店では使いやすく可愛い壁掛けやアクセサリーを多数ご用意しております!